絶対可憐百貨店

絶対可憐チルドレン私的ファンサイト
<< 家に帰ろう(2)の感想 :: main :: 平野綾を見た >>

アニメ第35話、感想

原作13巻「もののけ姫によろしく」より。

原作は3話分なので、尺伸ばしが入ってます。
冒頭の九具津と澪のシーンは面白かったし、状況を説明するにはいいかな。原作の小鹿初登場シーンのインパクトはなくなってしまうけど。

ついでに、原作ではない制服姿の小鹿さんは、萌えポイントですね!w

で、以降のプロットは原作にとってますが、原作では見せ場に下着シーンなので、その修正には苦労してるみたいですね。初音の家出シーンはちょっと苦しい。最後の和解シーンは、まあ、定番で無難におさめた感じ。

また、原作より初音のペンダントに焦点があたっていたのも、なかなかよいと思いました。確かにこれはもっとクローズアップしてよいネタですね。

が、絵コンテがナベシンということで、メタなネタが多すぎるのはマイナス。
バベル2になったのは、雪上車が未搭乗だからだとしても、潜水艦で北極までって何日にかかると。そして、椎名先生のブログでも言及されてますが、2時間で100kmって……
コールサインの件といい、バベル2の発進の早回しなんていうネタをやってる暇があったら、ちゃんとなおせとw
まあ、本人でてこないだけいいか。

ところで、椎名先生が以前、言及していた「マヌケなオチ」は、そういうことだったんですねw それはそれで見たかったようなw
でも、悪意たっぷりのイメージで描いたということですが、私は連載時にはそう感じませんでしたね。椎名先生がやさしいからでしょうか?w



さて、次回は新シリーズ構成はじめてのオリジナル回とのこと。
うーん、期待と不安でドキドキw

Comments

Comment Form

Trackbacks

当BlogへのリンクのないTrackbackは、受け付けない設定としています。
スパム対策のためですので、何とぞご了承くださいまし。