絶対可憐百貨店

絶対可憐チルドレン私的ファンサイト
<< Jun 2009 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

椎名先生原画展&サイン会開催決定!

WebサンデーのNEWSより引用。
 椎名高志先生のまんが家デビュー20周年を記念して、7月17日(金)の『絶対可憐チルドレン』17巻発売と同時に東京で、また9月中旬に大阪で原画展&サイン会を行うぞ!!
  開催場所や詳しい日程は「少年サンデー」32号(7/8発売)、また『絶チル公式携帯サイト』で発表するよ。チェックしてね!!

うあー、これは!
詳細が9日前発表って……どうすりゃいいのよ(^^;
まあ、いずれにしても原画展はいきますけどね!
サイン回は普通に先着順だと混乱しそうだけど……携帯サイトから申し込みとかになったりするのかな?

ライフ・セイバーズ(1)の感想

新エピソードスタート。

続きを読む>>

試験に出る超能力(1)〜(7)の感想

冒頭、ファントムとミラージュが会話し、横で悠里が寝ている。
悠里が目を覚ますと、二人が消える……
一見、ただ、前回からの引きをいれた上でのサービスシーン(笑)だけのようにも見えますが、紙(本)に存在を仮託し意思を残すという宇津美が同じシリーズの中に出てきたことを考えると、悠里の肉体に二人の存在が仮託されているということを示しているのでしょうか? 宇津美が幽霊であり、ファントム=幽霊、ミラージュ=幻影ということを鑑みても。

メインとなっているのは、パンドラのアジト紹介編。
アニメではどこかの島でしたが、自由に移動できる船というのは、古い少年漫画の影響がありそう。でも、これなら神出鬼没も当然で、かつ、豪華な生活もできるというなかなか面白い設定です。
しかも、実は空をとぶ!
“離水”シーンは元ネタはヤマト、あるいは真木のキメッぷりからハーロックというところなんでしょうが、劇中、船として描写されていたものが突如飛行するという展開からは「まほろば」(マイナーだなw)のほうを思い出しました。
兵部は、直接的に薫に手を下すとは思えなかったですから、「罠」はどうするのかと思っていたら、こういう手だったとは。
でも、とんでる間は、かなり数の超能力者が能力を出す必要がありそうですから、パンドラに所属するのも大変なんですねw
この船にのってる以外にもメンバーはいるでしょうから、小学生編で水族館のホールでブリーフィングしていた印象からすると、かなりメンバーは増えているみたい?

アジトから脱出した薫は、パンドラの個人個人には「超能力者」というくくりでの「共感」はあれど、集団としてのパンドラには共感はなく、バベルに帰属意識をもっているということを明確としたといえるでしょう。
で、それにしがみついていった澪は、薫を中心にして、バベルでのチルドレンと対称の位置にある存在であることもはっきりしました。だからこそ、薫は“あの場面”で澪を助けてしまうわけですが。
今回、澪をバベルに誘うということまでした薫は、やはり超能力者個々を救おうとするのは“クイーン”として成長してるともいえます。
しかし、考えてみると、澪が本当にバベルにくれば、あの予知のシーンはなくなるわけです。もしかして、澪の帰趨がOver the Futureのカギに!?
皆本は、澪を篭絡するのに力を注ぐべきですね(間違った感想)

回収された薫は、リバティベルズと同乗していますが、たまたまコメリカ本土にいたとかいうこと?
それとも、これはもう日本近海にきていて“出迎え”しただけなんですかね?

さて、もう一つの軸として、元陸軍超能部隊員として、固有名詞が出たのは三人目の宇津美さん。超能力ではお馴染みの「残留思念」の高度なヤツということでしょうか。
伊八号といい、兵部は旧関係者を惨殺した際に、これらの「遺物」も回収したということなんでしょうか。
ミッドウェー(兵器の描写が正確ではないのは、記憶による再現映像だからということにしておきましょうw)で敗北後も艦隊が全滅したわけではないのですが、紙舟で戻るはめになった理由は考えると、SSが一本かけそうですね。
長髪でい続けられた理由はちゃんとあるようですしw

オチに控えませしは皆本w
想いのこもった勉強資料で薫への得点を(知らぬところで)あげたところまではよかったのですが……w
「勉強」「教え上手」というのは、皆本のプライドだったんですねーw
肉体的にどんなにチルドレンに虐待されてもめげないのに、ここを砕かれると皆本はヘナヘナですね。兵部も次に直接対峙した時はここを責めればw
そして、テスト勝負に勝利したの葵とのデート(これって、紫穂は能力を使わずに正々堂々と勝負したってことですかね?)は……ダメな男子の見本ですねw
これでは小学生以下だぞw とられるぞw
キャリーの時は精神深く結びついていたから問題なかったんでしょうが、これでは、彼女以外とは、年上のおねーさんに誘われて……しかシチュエーションがなさそうですw
でも、皆本のチョイスって、「男の子」だなぁw いくら高スペックでイケメンでも、これでは“※ただしイケメンに限る”の神通力ももたないというものでしょうw
普段とは逆に皆本に“常識”をとく賢木というのは、いい〆でしたw
それにしても、皆本をめぐる“戦い”は小学生編と同じですが、その内容は次第にエゲつなくなってるようなw 女は怖いw



さて、小ネタ回収。

カズラとカガリは、微笑ましいですねw
カズラがガールズトークしている最中に、紅葉はきっと苦笑していたのでしょうねぇw

朧さんはあいかわらずの目にw
皆本が助けないのは、朧さんを犠牲に自分は逃げ切ろうという腹なんだとみました。くわばらくわばら。

細雪姉弟登場。
紫穂以上の黒キャラと思いきや、実は入れ替わっていたと思いきや、やっぱり黒キャラ?
今後の本編登場が楽しみですw
“ライバル”の登場で、谷崎とナオミの関係にも進展が!……ないんだろうなぁ(^^;
でも、以前、正式なチームがほしいといっていたナオミの願望はかなったことになったのかな?

不二子さん、エロ小説まぜとくって……(^^;)
物思いにふけっているかと思いきや、エロ本の回想ですからねぇw
薫と同じような行動をw というか、それを発見したのは薫というあたりが、更に似たもの感。
ダブルフェイスとのガールズトークはパンドラ側よりも、さらにエゲつないですなw

絶チルプレミアムイベント・続

会場ポスター会場にはこんなポスターが。
これに出演者6名がサインをいれて、会場抽選で3名の方にプレゼントになっていました。
私はもちろん外れました。とほほ。

さて、オフィシャル各ブログに続々と記事があがってきました。

『チルドレン』が言えなくなってる!!::平野綾さん
  おみ足、ドキドキしましたw
  主役級声優さんですから、司会というサブに回ることがいま
  までなかったんですねー。
絶チルイベント::白石涼子さん
一夜明けて::白石涼子さん
  サイリューム、キャラ色でそろえた甲斐がありました!
ぜっちるー!::戸松遥さん
  あの桃太郎の絵が!ww
絶チルライブお疲れ様でした(^^)/~~~::椎名クン

  椎名クンにファンのパワーが届いたようです!
  信じれば、きっと奇跡はおきるはず!

さらにジェネオンさんの公式Blogにも。
「絶対可憐チルドレン」イベント
「絶対可憐チルドレン」イベント
「絶対可憐チルドレン」イベント
「絶対可憐チルドレン」イベント

そういえば、入場時には小学館の番宣下敷ももらいました。
片面がアニメ宣伝ポスター絵柄、もう片面は限定カバーにもなった夕暮れのチルドレン+小学生皆本でした……あまりもの?(^^;
でも、嬉しいw

絶対可憐チルドレンプレミアムイベント、いってきました!

全体で約1時間。
トークと企画コーナーがほとんどで、最後に1曲という構成。

出演者は事前告知どおり、チルドレン(平野綾、白石涼子、戸松遙)+可憐GUYS(中村悠一、遊佐浩二、谷山記章)。
っていうか、可憐GUYSはいつのまに正式名称にw(イベント中もつっこみあり)

そして、途中のコーナーでは観客席から呼ばれる形で椎名クンと川口監督が登場。
で、この時に、先生ではなく「クン」でよんで下さいというコメントが。
なので、今回から椎名先生ではなく、椎名クンと表記することにしましたw

椎名クンは漫画家生活20周年ということで、舞台からの先導で「20周年おめでとうございます」という800人のコール。椎名クンファンとしては、このコールに参加できたのは嬉しかったです!

椎名クンと川口監督は挨拶だけでなく、直後のイラスト記憶力テスト(記憶だけで絵をかくやつ)の審査員として、抜き打ちで参加させられることにw
お題は「バベルのマーク」と「桃太郎」だったのですが、戸松さんがいかんなくオチ要員ぶりを発揮w
特に謎のふるえる桃太郎(のようなもの)を椎名クンが気に入り、もって帰って漫画に出すと宣言!
どうやって出すのだか楽しみですww
ちなみに、綾さんは桃太郎に乳首を書いてしまったため、テレ東規制wで最下位になってましたw

話が前後しますが、最初のトークでは、その時の司会、ゆうきゃんのグダグダぶりがw
綾さんは、えらくそっけなくゆうきゃんに反応するのは、なかがいいからとみたw

歌は「DATTE大本命」。
もともと、合いの手が入っている曲なのでもりあがりますね。
赤、青、紫の三色のサイリュームをそろえていた人が多く(私もだw)、絶チルのイベントらしかったですねー


以下、その他記憶にのこっているところを。

・好きなキャラは、あーや=兵部、うりょっち=皆本、戸松=桃太郎。そこは賢木といってくれと嘆く紀章w
・観客が男性ばかりということに戸惑い気味のゆうきゃんと遊佐っち。紀章だけは、結構、男ばかりのイベントの経験もあるとポロリ。黒小山とのですねw 私もいきましたよw
・紀章は絶チルのイベントがはじめてで、ようやくメンバーとして認められた気がするとw
・うりょっちに「髪きった?」ときくゆうきゃんのネタは、絶対可憐放送局を聞いていた人にはよくわかるw
・うりょっちは髪を切ってはじめて人前に出たそうで。すぐに巨大掲示板に書かれて広まるよというゆうきゃんと、そこを話題に出すかと呆れる遊佐っちw


私としては、綾、紀章以外は初めて生でみましたし、おそらく最初で最後の「チルドレン」としてのライブ曲をきけたというので満足。
さらに椎名先生をはじめて生で見てコールできたということで大満足でした!

イベントに椎名先生ご来場

椎名先生のブログ記事(葵ちゃんツッコミ中 :週刊少年サンデー09/28号)によると、日曜日のCD発売記念トークライブでは、椎名先生が来場される模様。
多分、関係者席にいらっしゃるのだと思いますが……発見できないかなーw
それとも、舞台に顔出ししたりされるのでしょうか?

1